第1回がん患者さんとともに考える、食事のこと

川口 美喜子
大妻女子大学 家政学部食物学科 教授
管理栄養士

みなさんはじめまして。今回から1年を通して、「がん患者さんの食事」について、私自身の経験を通じて、がん患者さんとそのご家族、またがん患者さんを支える周りの方にお役に立てていただけるようなお話ができればと思い、この連載をスタートさせました。
第1回の今回は、まずは自己紹介を兼ねて、私がどのようにしてがん患者さんの食事の支援に携わってきたかをお話したいと思います。

治療に不可欠な「栄養」という要素

治療に不可欠な「栄養」という要素

私が「がん患者さんに向き合おう」との思いを強くしたのは、以前に勤めていた島根大学医学部附属病院での経験からでした。急性期総合病院には、あらゆる年齢層・疾患の患者さんが受診・入院します。重症外傷、急性・慢性疾患、糖尿病教育入院やリハビリテーションを受ける患者さん……いろいろな人がいますが、いずれの人にも「栄養を通じた治療」は必要不可欠なものです。

「栄養を通じた治療」といっても、もしかするとイメージがわきにくいかもしれませんね。でもちょっと考えてみてください。私たちの体は何によってつくられているでしょうか? そうです。日々の食事ですね。薬を飲んだり、手術や放射線療法、リハビリテーションを受けることだけが治療ではありません。さまざまな治療やリハビリテーションを中断なく終える体力と免疫力の維持・向上のためには、食事(栄養)を不足なくしっかり摂れるように工夫することも、同じように大切な“治療”の一環なのです。

「栄養」だけでは守れない、がん患者さんの「食事」

さて、私は当時、栄養管理室長として、治療のために積極的な栄養法を考え、患者さんを支えることが任務でした。がん患者さんに対しても、時に起こる副作用を乗り越えて計画された治療を完遂できるように、不足する栄養を、場合によっては口からではなく、経管栄養法や静脈栄養法によって補助的に補給することも検討しながら日々支援をしていました。

そのような中で患者さんとともに時間を過ごし、感じたことがあります。それは、病気の診断を受けたとき、あるいは治療が始まる前から、治療に耐えうる心身の“転ばぬ先の杖”となるように、食事・栄養を支援することの大切さでした。

がん患者さんの「不安」に寄り添う食事

がん患者さんの「不安」に寄り添う食事

がんと診断を受け治療に向かうとき、治療方法や経済的なこと、生活環境の見直し、仕事のこと、家族や家庭のことなど、患者さんは実にさまざまなことに思いを巡らせねばなりません。治療後にも不安が伴います。
そうした患者さんの様子を前にして、治療としての栄養療法で患者さんを支えるとともに、一人ひとりの患者さんに寄り添う食事・栄養の支援が大切なのだと強く思うようになったのです。

がんの診断を受けると、患者さんとご家族は、どうしても、これまで生活の中にあった「食べる」ことを考える余裕をなくし、当たり前にしてきた「食べる」ことをおろそかにしがちです。手術や化学療法・放射線治療など、がんそのものの治療が優先され、栄養や食のQOL(生活の質)のことは後回しとなってしまうのです。
しかし、たとえば、がんと診断を受けたときから、または診断されてからなるべく早い時期に「食べること・栄養について」考える気持ちに至れば、食材の選択、調理方法や食事の準備、栄養の摂り方などの工夫で、「食べて生きる」という“当たり前”のことを、治療と同じように大切に思うことができるでしょう。がんの増殖・増大がもたらすがん細胞やがん組織の代謝をターゲットとした治療と同時に行われる、患者さん個々の病態や心身の状態に対応した栄養サポートや対処は、治療を受けながらも体力を維持し、身体回復を促すことにもなることでしょう。

そして、病気とともに歩む時期にあっても、食べたいもののことを考えたり、そのときに食べられなくても、食べたいものを思い続けられることは、「生きる力」につながるように思うのです。
そうした思いから、がん患者さんと栄養・食事をともに考え、支援することは、いつしか私のライフワークとなっていきました。

「生活者としてのがん患者さん」を支える食事を

「生活者としてのがん患者さん」を支える食事を

現在私は臨床を離れ、大学で研究・教育に従事するかたわら、東京都新宿区の戸山団地にある「暮らしの保健室」※1と江東区豊洲にある「マギーズ東京」※2で、栄養相談・支援をしています。そこで、がん患者さんとご家族が治療の経過の中で工夫されたことや、思いついた調理法などを語られ、それを聞いて私が新たに思いつく食事メニューもたくさんあります。
島根大学病院、暮らしの保健室、マギーズ東京で出会った患者さんとご家族に寄り添い、提案した栄養療法と食事は、私の管理栄養士としての「糧」です。

そしてこれからはこの糧を、在宅で生活を続けるがん患者さん・ご家族のために活かしていきたいというのが、今の私の願いです。
たとえば「今夜の食事づくり」のヒントになるようなこと、あるいは食べる気力を失いがちな患者さんにも食べやすい食事の工夫や、体力と気力を取り戻して、家族のために食事をつくりたい、と思う患者さんに向けた手軽なレシピなど、私の経験から得た糧から提案していくことができればうれしく思います。
「食」は笑顔のみなもと――この連載を通じて、がん患者さんやそのご家族に、笑顔が生まれますように。

※1 暮らしの保健室 … 
医療・介護従事者が地域住民の健康に関する質問や生活にかかわるさまざまな相談に応じる、地域に根ざした交流の場。
※2 マギーズ東京 …… 
がん患者やその家族、友人など、がんに影響を受けるすべての人が気軽に訪れ、がんや生活のことを話したり、自分らしさを取り戻すための専門的なサポートを無料で受けることができる、開放感あふれる空間。英国のマギーズセンターのコンセプトに基づき国内で初めて開設された。
川口美喜子(かわぐちみきこ)プロフィール

川口美喜子(かわぐちみきこ)プロフィール 大妻女子大学 家政学部 食物学科教授、管理栄養士、医学博士。
専門は病態栄養学、がん病態栄養並びにスポーツ栄養。2005年5月島根大学医学部附属病院NST(栄養サポートチーム)の構築と稼働、2013年4月より現職。

こんなレシピ、どうかしら?

今回は、第2回以降のレシピにも登場することになる、「基本の味付け」レシピ(一覧表)をご紹介しましょう。
がん治療に伴う味覚の変化があって味がよくわからない、吐き気があって味見をしたくない、けれども家族の食事はつくりたい…、あるいは、入院中の家族に代わって台所に立つことになった…といったときには、これらの「基本の味付け」にしたがって分量を決めるだけで、迷うことなく、味見をしなくてもほぼおいしくできあがります。プリントして冷蔵庫などに貼り付けておくと便利です。

基本の味付け一覧表

  醤油 砂糖 みりん だし汁
炊き込みご飯(米1カップに対して) 小さじ軽く1 1/10カップ   大さじ1 大さじ1    
煮物(こぶし4個分程度の材料に対して)   大さじ2 大さじ2 大さじ1 大さじ2   300mL
酢の物(こぶし2個分程度の材料に対して) ふたつまみ 大さじ1/2   大さじ1   大さじ1  
丼の具(2人分)   大さじ2 大さじ1と1/2 大さじ1 大さじ1   150mL
味噌汁(2人分)             2カップ
+味噌大さじ1と1/2

*炊き込みご飯:塩か醤油のどちらかを使用。例えばたけのこご飯なら醤油、トウモロコシご飯なら塩です。

だし汁は市販の顆粒だしなどを使用してもよいですが、自分でも簡単においしいだしをとることができます。
昆布と鰹の合わせだしのとり方を以下に紹介しています。また、今回はこの一覧表の使用例として、「味噌汁」「酢の物」「丼の具」の配合を使った料理のレシピを紹介します。

おことわり

「がんとともに生きる~「食」は笑顔のみなもと~」に掲載の記事は、正確性、安全性に細心の注意を払って作成しておりますが、本コンテンツに記載された内容の実施等によって生じたトラブル、事故、障害等の事態に対しては、一切の責を負いかねます。食事制限の必要性や内容、療養上の注意点は個々の患者さんによって異なるため、ご心配な点等は必ず主治医や医療従事者に相談のうえ、指導に従ってください。